ヘッダーイメージ 本文へジャンプ


3年生の保護者様へ 協賛金の支払い方法

協賛金の拠出ご検討ありがとうございます。
  記入方法と払込手数料が安くなる方法を下記に掲載しておりますのでご確認・活用下さい。
   金額は1,000円です。通信欄に「74期 協賛金」と書いて下さい。下の例は 松沢花子さんの
  ものです。74期とは今の3年生が松沢中学校設立のから74回目の学年という意味です。



少しでも手数料にする方法を示しました。(なお、手数料料金は2020年9月10日現在)

1.払込料金の比較(3万円までの払込料金) 
                            料金
   ①  郵便局の窓口で払込取扱票+現金または通帳                     203円
   ②  郵貯銀行の取扱票受付可能なATMで払込取扱表+現金または通帳        152円
   ③  郵貯銀行の「郵貯ダイレクト」を利用して支払う                        0円(月5回まで)
   ④  郵貯銀行以外の他行からインターネットで振込                         0円~220円
   なお、同窓会から送付された払込取扱票が見当たらないない場合は
  郵便局にある青い払込取扱票で
   口座記号 00140-5
   口座記号 359989(枠は7桁ありますので先頭の枠は空白で右詰)
   加入者名 区立松沢中学校同窓会と書き、
   通信欄には「74期協賛金」と書いて下さい。
   また、「おなまえ」には生徒さんのお名前を記入願います。

2.郵貯銀行のATMでの手続き
   ①②が使えますのが、
   通常の方は②(通帳を使いATMから払い込む)をお勧めします。
   (残高が払込額+152円 以上ある必要があります)
   現在赤堤郵便局等郵便局内には、払込取扱票受付可能のなATMがあります。
   通常郵便局内にはあるATMは対応していますが、無人の場合は対応していない場合が多いようです。
   下高井戸駅2階のATM等無人のものの多くは、現状、払込取扱票は受付出来ません。
   既に②を何回も使った方は気軽に使えるでしょうが
   心配な方は、郵便局の開いている時間帯に、、
   通帳またはカードと記入ずみの払込表を持っていきます。
   無人ATMでは、操作支援を受けるのが難しいです
    ゆうちょ銀行貯金ATMのパスワードは操作で必要です。
    手数料152円ももったいない方は、郵貯ダイレクトに挑戦しましょう(3項。)
    但し、ゆうちょ銀行に口座があることが「郵貯ダイレクト」の前提です。。


3.郵貯ダイレクトを利用される方

  詳しくは、郵貯銀行のホームページでご覧ください。
   https://www.jp-bank.japanpost.jp/
  他銀行のインターネットバンキングを利用したことがある方はそれほど大変ではないでしょう。
  「郵貯ダイレクト」は申し込みから、利用できるまで2週間ほどかかる場合はあります。
    郵貯ダイレクトを利用できるようになったら、ログインして、「ゆうちょダイレクト」
  のトップ画面から、送金の「振込・振替」を選びます・
  「振込・振替画面から」、「送金先の選択」を選び、
 「登録していない口座にする」の「記号番号での入力」を選びます。それ以降は下記画面のコピーを参照ください。
 なお、個人の画面のコピーですので、個人情報に関するものは消しています。


   
  



4. 利用銀行のインターネットバンキングで他行への振込を利用する。

   給与振込口座や残高が一定以上ある場合には、他行への振込手数料が
   月数回無料や割引になる場合があります。
   振込手数料が無料か152円よりも安かったら⑥の方法があるでしょう。
   振込相手番号を
    ゆうちょ銀行 〇一九店 当座 359989
    (クリツマツザワチュウガッコウドウソウカイ)に振込ます。
    この場合に振込人の氏名には、
     マツザワハナコ 74キ キョウサンキン
    のように入力してください。
     
     例では、生徒さんの氏名が松沢花子さんのものです。
  
    メール宛先 hpkanri@matchu-dousou.web5.jp
フッターイメージ

 Copyright(C)2020 世田谷区立松沢中学校同窓会
最終更新日 2020年7月27日